とれたてblog

TOP > とれたてblog

七ちゃんからのお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ!今日から僕たちも長期連休の始まりです。4月28日から5月6日までの連休中、5月2日と3日は午前中診療致します。お怪我などなさいませんようにお願い致します。


新屋敷のシバザクラ

 

平成31年4月27日の今日!砺波市新屋敷のシバザクラを見てきました。今日は平成時代最後の営業日となりますので記念にしたいところです。新屋敷の岸渡川に植栽されたシバザクラは、新屋敷のみなさんの『ちからの結晶』として美しく、そしてステキに迎えてくれます。YouTubeでも2016年にドローンで撮影された映像がステキにUPされています。よろしければ是非!ご覧ください!ありがとうございます。^^

 


こしあぶらのよごし

 

 濾油(こしあぶら)を頂きました。字の通り油を濾して塗料として使ったのだそうです。そのまんまですね!いつもは天ぷらにして、塩を振って頂くのですが、大量でしたので今回は『こしあぶらのよごし』を作ってみました。

 

鍋に水と塩を入れて沸騰させ「こしあぶら」を入れて湯がきます。お湯が黄色に黒がかったようになるまで3~5分煮立たせたら、水に入れ冷まします。固く絞って細かくみじん切りにしてフライパンに入れます。強火で炒め、細かく切った油揚げを入れ、砂糖を小さじ一杯と味噌をお好みで加えて尚、炒めて出来上がりです。

 

よごしは「夜越し」ですから、一晩置くと旨みが倍増します。『こしあぶらのよごし』は、独特の香りがお口の中いっぱいに広がり、とても美味しく頂けます。美味しいものは、からだを元気にしてくれます。是非!お試しください。


筍を頂きました

 

 筍(タケノコ)を頂きました!香りも良くて早速、アク取りをしました。4回のアク取りのあとに上の部分は「たけのこご飯」に、中の部分は「たけのこ昆布煮」に、下の部分は「味噌漬け」にしました。この「味噌漬け」は我が家で作る定番料理で、薄くスライスしてお漬物として頂いています。美味しいですよ!


強い臭害について

以前にもお伝えしていますが、柔軟剤などによる強い臭いに敏感に反応される方がおられます。自然の恵みからの匂いではなく、化学物質による臭いは『化学物質過敏症』を引き起こして、日常生活に影響を与えてしまいます。伝えたくても遠慮から言い出すことが難しく、イライラ感ばかりが増え続けて精神的に参ってしまったり、臭いを避けるために引きこもってしまうことも十分に考えられます。「臭害」「香害」とも言われる『化学物質過敏症』を多くのみなさんに何とか理解を深めて頂き、お悩みやお困りの方をお一人でも僭越ながら減らしたいと考えています。

 

僕のお伝えしていることはすべてではないとは思いますが、中学生のお子さんがいらっしゃるご家庭に多く『ニオイの強い柔軟剤』が使用されているように感じています。いくつかを配合して使用されている場合もあるそうです。いつ何処で『化学物質過敏症』の方と出会うかわかりません!?気づいた貴方から「気をつけてあげましょう」また「他の方にも勇気を持って伝えてあげましょう」ありがとうございます。^^

 

このブログが一考一助となればと存じます。

柴田佳一 拝、


長期連休中の営業日について

 

 世の中では「大型連休」と言われていますが、へそ曲がりの僕は「長期連休」と呼んでいます。10連休というのは今までにないことですので、体験してみないとわかりませんよね!?だけど『さすがに10連休はないですよネ?』とか『いつやられますか?』と聞かれると柴田接骨院では「5月2日(木)と5月3日(金)の両日、午前中営業致します」とお伝えしています。あとの日はすべてお休みとなりますので、よろしくお願い致します。


神仏習合

 

 熊野古道を行くと神仏習合の日本的な光景があります!素敵ですね。^^


閑話休題.


驚かれています!

伊勢神宮内宮の御正殿に向かうとあまりの大きさに、そして太さに驚かされる鬱蒼たる老杉です。御神域ですので漲る力が沸き出してくるようです。柴田接骨院では何度も経験していますが、白髪と薄くなった頭髪の変化に驚かれています。89歳女性の患者さん。3月中旬から『ごしんじょう療法』を行なっていますが、白髪がグレーとなり今では黒い産毛が増えはじめ、薄かった頭髪が以前と同等くらいになられ、ご家族の方や友人のみなさんに驚かれています。このブログでも何度かお伝えしていますが、今回は断然!早い変化だと言えます。

 

初検の時は、真っ白な髪がすごくお似合いだと思っていましたが、今ではボリュームアップされた黒い髪もお似合いだと思います。^^/


ぎっくり腰の思い込み!

ぎっくり腰ついては何度も繰り返しお伝えしていますが、やはり!思い込みを外していかなければ、痛みや不安が長引くばかりです。受傷後50日を経過しているのに痛みが取れない!こわばりがあって不安!と来院されました。受傷後すぐに医療機関を受診され、治療を受けておられましたが先の通り痛みとこわばりが取れない状況にありました。

 

安静指導と冷やすことを続けておられましたので、三導療法を行ない痛みを取り去り、温めながら運動を行なって頂きました。只、それだけです!痛みとこわばりは雲散霧消し、笑顔で軽やかになられました。^^

 

ぶつけるなど腫れや発赤、熱がある場合を除き僕たちは初めから温めて血流の促進を図り、動かしながらこわばりを取っていきます。入浴や可能であれば飲酒もお勧めしています。個人差はありますが、一気に回復される場合が多いですので、今までの『ぎっくり腰の思い込み』を外して頂けたらと思います。

 

このブログが一考一助となればと存じます。

どうぞお大事に。