とれたてblog

TOP > とれたてblog

如意の渡し

 

室町時代の「義経記」には、奥州に落ちのびる源義経が如意の渡しに乗船しようとした時、渡守の平権守(たいらのごんのかみ)に義経であることを見破られそうになった時に、弁慶の扇で義経を打ち据えるという機転で無事乗船したという話があります。富山県高岡市伏木駅裏にその如意の渡しがあり、銅像は現在伏木駅前にあります。弁慶の存在は、義経公にとって大きく、そして愛情深いものであったろうと感じます。


梅酒の驚くべき効果!

患者さんに頂いた梅酒です。実は、8ℓ瓶だったのを4ℓ瓶に移しかえて2瓶にしたのです。こんなにたくさん!ありがとうございます。大感謝!

 

早速!『梅酒』について調べてみました。一番知りたい処は「効能効果」だと思いますので、そこからお伝えします。含まれるクエン酸は、何とレモンの15倍、梅干しの6倍もあり、疲労回復に大きく貢献し、唾液や胃液の分泌を促し、食欲増進!これからの夏バテを吹き飛ばします。

 

中性脂肪を低下させ、血流改善。肝臓に脂肪が溜まるのを防ぎます。高血圧を防ぎ、動脈硬化、脳梗塞、肝硬変などの成人病を予防するのに大きく貢献します。ミネラルとカルシウムにより、貧血予防や鎮痛効果、抗アレルギー効果があり、変形性関節症に梅酒を含ませた湿布による鎮痛効果は笑顔を引き寄せます。

 

梅の芳香からアロマテラピー効果があり、若返りホルモンの分泌を促し、活性酸素の毒を消すアンチエイジング、ダイエット効果もあり、便秘解消や下痢の症状を改善させます。

 

胃潰瘍や胃がんなどの原因となるピロリ菌には、梅干しを一日に2個食しましょう。もちろんアノ恐ろしい副作用なんてありません!!

 

皆さあ~ん!『梅酒や梅干し』は、日本の宝物です。おいしく頂いてドンドン病を吹き飛ばしましょう。

このブログが一考一助になればと存じます。

 

柴田佳一 拝、


ロックオン

ロックオンとは、射撃統制装置やミサイルに内蔵する目標追尾機構が、その目標をセットし、射距離・方位角・高低角を自動的に追跡可能状態にすること。

 

今日の午後、往診に出ようとした時に逞しい青年が来てくれました。誰かと思いきや!自衛隊に入隊した、こうちゃんでした。家族で大歓迎して話を聞くと、7月に金沢駐屯地に配属。近くにはなるけれどなかなか会えなくなるので、今度帰る時は一緒に焼き肉を食べようと約束して別れました。

 

「こうちゃん!本当に逞しくなったね!今度の焼き肉楽しみにしてるよ~」^^/


てっせん再び

 

 我が家のてっせんが再び咲きました。剪定をもっとすれば、まだまだこれから楽しむことが出来ます。ひと花咲かせるだけで満足せず!もうひと花咲かせてみようかい。そんなことを思わせてくれる一輪のてっせんなのでした。


薬食同源!(ズッキーニ)

患者さんに頂いたズッキーニです。我が家にも植えてあるのですが、あまり大きくならないのでお聞きすると、自然受粉ではなく、人的に受粉させるのだそうです。そうでないと10cm位で花の部分からダメになってくるのだそうです。やっぱり!それで大きくならないまま腐ってしまったんだ!納得、納得!!これから実行したいと思います。^^/

 

ズッキーニの育て方が分かったところで、栄養と効能を調べてみました。カロテン・ビタミンC・カリウムを非常に多く含んでいます。

 

(カロテン)

強い抗酸化作用があり、発がんを抑制します。

(ビタミンC)

コラーゲンの合成を助け、血管、皮膚、粘膜、骨の強化、肌のシミを防ぎ、免疫力強化、注目すべきは抗酸化作用、抗がん作用・抗ウイルス作用・解毒作用です。

(カリウム)

体内の余分な塩分を排出し、ナトリウムによる血圧上昇を防ぎます。

 

まとめとして、ズッキーニの効能効果は、免疫力強化・夏風邪の予防・美肌効果・肥満抑制・糖尿病の予防・高血圧の予防・発がん抑制。誠にありがたい!そして凄い野菜なんです。

 

おいしく食べて健康に生きましょう。みなさんにドンドンお伝えして生きたいと!いや、行きたいと思います。ありがとうございます。^^

 


満足満足!

 

 今朝からたくさん遊んでもらった七ちゃんなのです。満足げな顔をしています。『今日はどこに連れて行ってくれるの?』って聞いてくるので「七の入れるお店に行こう」って言うと尻尾をちぎれんばかり振って、僕のあとをピッタリとついてくる七ちゃんなのでした。


朝焼け

 

 今朝!目を覚ますと窓が赤い。「え!何っ?」寝ぼけもあって起き上がってしまいました。時計は4:15を指しています。見てみたいと外に出ていました!東方の立山連峰から、赤く染まるお天道様出て来られる処、4:20のその時の写真なのです!思わず手を合わせました。


道の駅「雨晴-AMAHARASHI」

 

 富山県高岡市にある雨晴海岸を望みます。その場所は道の駅「雨晴-AMAHARASHI」です。前に氷見線があり、忍者ハットリくん電車が走ります。氷見市は、漫画家の藤子不二雄A先生の出身地なのです。

 

その後ろには源義経伝説の義経岩と義経神社があり、訪れた多くの方々が参拝されています。快晴となり条件が揃えば、そのまた後ろに立山連峰が大きくそして神々しくそびえ立つ姿を眼にすることが出来ます。

 

富山の世界一のスタバに続き、道の駅「雨晴-AMAHARASHI」も世界一の絶景だと僕は胸を張ってお伝えした次第です。是非!いらしてください。

 

    道の駅「雨晴-AMAHARASHI」

  〒933-0135 富山県高岡市太田24番地74

   ℡0766-53-5661 fax0766-53-5666

        (年中無休)

  1F.情報発信コーナー 2F.3F.展望デッキ

  (24時間開放)その他のコーナーは

      9:00~19:00迄

愛犬とお越しの方は自動ドア内には入れませんが、2F・3Fの展望デッキは入場可能となっていますので安心して入場出来ました。愛犬にもやさしい道の駅ですよ。

 

いずれまた七ちゃんと行きたいと思います。

よろしくね。

 

 

 


今日はお休みです。

今日は「休診」お休みです。よろしくお願い致します。七は朝からたくさん遊んでもらったよ!廊下を90回も走って疲れちゃった。

 

でもお父さんも大きなお腹を揺らしながら「ハアハア」って走っていたから、かわいそうになって七も疲れたあって感じで座ってあげたんだ~。「今日はこのぐらいで勘弁したるわ~」って何を言ってるのか分からないお父さんでした。^^/


西郷どんの国父さま

西郷どんで、俳優青木崇高さんが演ずる島津久光公「国父さま」です。1817年12月2日、薩摩藩10代藩主島津斉興の五男。11代藩主、兄の斉彬の遺命で、実子忠義が12代藩主につき、久光は「国父」として薩摩藩の実権を握ります。公武合体の為、兵を率いて京都に入り、寺田屋騒動では藩内尊攘派を武力鎮圧!西郷どんでは、有馬さぁの死を放送した部です。さらに久光は勅使大原重徳を奉じて江戸に向かい、幕政改革を推し進めます。新政府では左大臣に任ぜられます。

 

僕は、島津久光「国父さま」は、藩主以上の才能を持ち合わせた方だと思います。それは、無礼なことを言い放った大島(西郷どん)を結局は切腹させなかったこと!下級武士の大久保さぁを抜擢して傍に置いたこと。

 

先君斉彬公と同じく身分を問わず!対面して話を聞く姿は、ジョン万次郎と斉彬公を思わせるものだと僕は思うのです。本当は名君と呼ばれる程の方であるのに無位無官であるのは胸が痛くなる思いです。

 

西郷どんの青木崇高さん演ずる国父さまに注目です。