とれたてblog

TOP > とれたてblog

動物の被害!

先日、患者さんとの会話の中で、猪(イノシシ)が田圃に入り稲を

食べ、荒らされる記事があった!とお聞きしました。その患者さんも山間部に田畑をお持ちの方でしたので「他人事ではないですね」とおっしゃっていました。

 

とにかく、今の時期の猪はくっさい!(臭い)とてつもなくくさい

そうです。猪の入った田畑のものはくさくて駄目らしい!のです。

米は異臭米!でアウト。それに使われた農機は、洗浄に洗浄を重ねないと使えないそうである。

 

ひとが大切にして収穫を迎える際に、荒らされた田圃をただ眺めるしかない!という現実には、僕も少なからず携わっている立場から

残念無念!の気持ちが湧きあがります。

 

人間の立場からいうとそれは間違いなくそうだと断言出来ると思います。僕も同感です!然し、猪の立場からするとどうなんだろうと

僕のいつもの癖がムクムクと頭を上にもたげてきました。

 

そりゃあ猪にすれば、おいしそうに実らせた稲を目にしたら文句なしで口にするでしょう!『やった~!こんなにもごちそうがたわわにある~』って思うに違いない!うん!多分そうだろう!と思う。

 

これを思い込み!ということは十分理解していますが、まあ種類の違うものとして続けます!猪は食べれるものは、掘り起こしてでも

食べて成長し冬に備えます。只それだけなのです。それが猪の仕事

であるといってもいいと思います。

 

共存関係を上手に保てるように、人間がうまく考えていかないといけないな!と、僕は思います。

 

そんな動物の被害!もあれば、こんな被害もあります。これもまた先日聞いた話しなのですが、稲刈り中に狸(タヌキ)が、稲の中に

隠れていたそうです。稲刈りを進めていくと機械の近くから飛び出して逃げていったのでオペレーターの方も安心して刈り進めた処!

 

ジッと動かずに!敵(機械)が立ち去るのを待っていたのであろう

二匹!(おそらく母親と子狸)が接触してしまったそうです。これもまた残念無念!の思いが湧き出てきて・・・・・う~ん何とも!

 

二通りの動物の被害!被害を受けた二通りの存在と二通りの残念と無念!何か問題がある時はお互いの意見を聞き一方的に決めつけてはならないなと感じたお話しでした。

 


麦の準備!

昨日は、一日中ずっとトラクターに乗って田圃を起こしました!!

秋晴れの良き日で、今夜は『中秋の名月』という天からの贈り物もある!という好日です。

 

その好日に起こす田圃ですから豊作になる!と信じて、朝9時から

トラクターを転がしてきました。長雨と台風が残していったお土産

は、土の固い表情を大変柔らかく、そしてにこやかに変化させていました。

 

「麦は、水捌けが良くないといけないから、溝はしっかりと開けてください」という役員のお言葉をよく理解していなかった僕は溝に近づき過ぎてしまい大切な溝の中に土がコロンコロン!「うわ~」

 

トラクター作業が終わったあとも長時間の残業が残ってしまいました。今朝も明るくなると同時に軽トラを走らせて溝を掘ってきました。だけどやっぱり朝イチで汗をかく事とご近所の皆さんと会話を

する事はとても良い勉強になります。

 

いつも迷惑をおかけしてばかりなのですが、今後ともよろしくお願いします。麦も豊作でありますように!そして益々頑張れますように!と、軽トラに颯爽と乗り気持ち良い風に目を細めながら帰ってまいりました。

 

連休も溝掘り頑張ろうっと!


明日はお休みします。

明日は、お休みします。先日、妻の実家の稲刈りが終わりホッ!としていたら『麦植えるから田圃起こして~』との連絡が入ったので

慌てて役員の太志さんに確認し、明日は田起こしになりました。

 

しっかりと起こしてこようと思っています。何故か不思議と日本を感じるからです。田の力と書いて男なので、頑張らんといかんのです!「ごちゃごちゃ言わんとしっかり働けぇ!」ん?「は!はい」

 

「今のは誰の声?」(笑)

 

すみませんがよろしくお願いします。

行ってきます。


季節を感じる。

連休明けの朝3時50分にパッと目が覚めました!致し方ない!?

そう!もう癖というか、習慣になっているのです。早速準備をして

お袋の部屋に新聞を届け!さあ『歩』へと出発です。

 

全身に気合いを入れ!最初の一歩です。ん!わ~さっ寒っ!台風一過で晴天!しかも星が美しい!だっだが寒い!はぁぁ~っとやった

息が白い!白いTシャツに短パン、白いキャップに白シューズという格好が些か違和感というか、非常に残念な感じがする。

 

まあ真っ暗なので、しかもだあれも見てない!寒いから超早歩きで

ハッホッハッホ!20分くらいハッホしていたら、寒さは感じなくなり気分が乗ってきた!う~ん気持ちいい~!と背伸びをし視線を

空のオリオンに移したその瞬間!流れ星がシューッと流れていきました。星に願いを~!と思ってはみても一瞬の美しい贈り物です。

 

自分達の事はさて置き新婚の従弟夫婦の幸せを改めて祈りました。最初の寒さも忘れ、流れ星よもう一度!と、こころに思うと!

シューッ!再び贈り物を頂きました。ありがとうございます。

 

暑かった夏も、今では爽やかな秋へと変わる節目なのか?僕の身体

全身で感じた秋の匂いと存在感!これからたくさん良い事がありますように!と、ひとりで笑みを浮かべながら家に戻ってきました。


思い込みで視野を狭めるな!

昨日は、すべてお休みにしてのんびりと過ごしました。やはり名古屋は暑かった!いや従弟のおかげで熱かったのだろうと思いました。おめでとう!そしてありがとう!末永くお幸せに!

 

題名は『思い込みで視野を狭めるな!』というある意味厳しいものになっています。何故か!それは昨日放送の『八重の桜』から、気になること是あり!とばかりに書いてみようと思ったのです。

 

僕は一個人として、古くからある宗教はそれぞれに素晴らしく存在する奥深い意味があるのだと思っています。それぞれを等しく見る目やこころは、今を生きる人間にとって必要不可欠なことであると強く思います。

 

因みに我が家には、どっしりとした神棚と仏壇が初代からの信仰で大切にしています。古くからの教えで、神仏習合を表し先に書いたように奥深い意味を教え!伝えることであると僕は信じています。

 

さて、昨日の『八重の桜』には学校で今まで学んできた生徒の他に

熊本洋学校からクリスチャンの熊本バンドといわれた生徒が転校してきた。聖書を学び英語の流暢なことといえば比類なき!と、云わざるを得ないすばらしさです。

 

学んできた者と、学び始めた者との違いは傾きが大きいのは当り前であり、ひととして分かることであるはずが過激な熊本バンドの転校生は学び始めた学生を出来ぬ者と差別し、それでもついてこれぬ者を退学させるように要望書を提出!校長の新島襄も退任させ外国人を校長にせよ!ともう過激を通り越しやりたい放題。

 

そんな状況のなか新島襄が伝えた『こころの授業』が僕のこころに響きました。テレビだと分かってはいても今の僕のこころにはとてつもなく大きく綺麗な響きだったのです。

 

自分の考えは正しい!邪魔者は消えてしまえ!来るな!!といった状況の中で新島襄は、自分を愛するように隣人を愛せよ!ひとがひとを裁いてはならない!と、説きます。同志社では学ぶ事とこころを育てる場所であると。

 

思い込みから偏見の目で他人を見、言葉で攻撃するなど考えられぬことです。それは英語が堪能で、聖書を記憶しているだけに過ぎず聖書の教えを理解出来ていなかったのです。

 

ひとは完全ではなくその時に間違っていたのだと思うのです。

 間違っていたなら謝罪し、落着いてから戻れば良いと思うのです。

思い込みで視野を狭めてはいないか?僕自身!そのような、行いや振る舞いはしていないだろうか?ちょっと立ち止まってゆっくりと深呼吸してみたいと思います。

 

思い込みのおそろしさをあらためて教えてくれた今回の八重の桜でありました。ほんとにいつもありがとなし!だぎんじょ自分自身の思い込みは、さすけねぇか?


名古屋へ!

今日は9月14日(土)大安吉日というめでたい日です。

結婚式に出席する為に休診し、名古屋へ行ってきます。

『歩』から戻り現在5時35分!こうしてブログを書いています。

 

子供と同じで、遠足当日みたいなもんです。(笑)もう嬉しくてそうそう寝てはいられないのです。あ!今日の主役は、僕の母方の従弟で44歳!迎える花嫁は32歳だと聞いている。めでたい限りだ!

 

九州からの花嫁さんです。遠い所からよく彼を見つけてくれたと感謝感激しています。これもまたご縁なのですね!何か不思議な気持ちになりました。

 

今の男性は40歳を過ぎてはいても本当に若いし活動的だと感じています。まだまだこれから頑張らんといかん!のです。40歳を目前、過ぎて婚活中の諸君!もう一歩足を前に踏み出そう!大丈夫だ。頑張れ!僕はいつも応援しているぞっ!(祈)

 

9時にお袋と妻と3人で、愛車(シーマ)に乗り名古屋へと向かいます。行ってきます!

 

 

 


無農薬畑のすすめ!

今朝も気持ち良く歩いてきました。少し温かな空気が流れていました。稲刈りも終盤に移り、空気の香りも稲と土の混ざり合う、秋のなつかしい匂いと思い出とが漂います。

 

妻に秋のなつかしい匂いの話をしましたら「子供の頃は、何かもっと匂いがもう少し強かったような気がする」と。「う~ん!なるほど!そうかもしれないな」今ではもう忘れそうな記憶ですね。

 

家に到着して時計に目をやるとまだ5時30分だ!よ~し畑を耕して冬野菜の準備だ~。と、汗ばんだ帽子を取り替えてクワを持って畑へ直行しました。

 

我が家では、お袋のこだわりで農薬や化学肥料の類は一切使用しません。僕と妻もそれを継承しています。クスリにはリスクがついてくると分かっているからです。

 

どこにでも生き物がいて当たり前なのです。やってきて当たり前、それをまた捕食する生き物も必ず現れます。それをクスリ(農薬)でいなくする方法は、生態系のバランスを大幅に狂わせ、頂点に

 立っている人類にじわりじわりと気づかれずに時間をかけて襲ってくるのです。

 

虫がくるから防虫剤?周りに草が生えるから除草剤?それらは作物が吸収して 体内に取り込まれていきます。じゃあどうすればいいのか!? ハイ!身近にあるもので作ればいいのです。

 

 焼酎に唐辛子を入れて一週間寝かせます。色が出てこれば出来上がりです。水で薄めてスプレーします。(安心防虫です)周りの草は取って一か所に集めて堆肥にします。せっかくの宝物ですから無駄にしません。

 

チョットずつ変えていくだけでいいのです。何年か掛けて変えていってもいいのです。自分たちの土地の土壌を少しづつ良い状態に戻していくだけなのです。安心安全な作物は肥沃な土壌からしか実りません。

 

無農薬農業で医食同源!日本人の強いからだを!病気にならぬからだを!今から始めませんか?考えを変えて踏み出しませんか?

先ずは一歩です。・・・・・千里の道も一歩から!


神社のお話!

先日来院された患者さんが「ブログ見ています」とおっしゃってくださいました。僕と妻は同時に「ありがとうございます」と、すぐお伝えし、本当に嬉しく感謝の気持ちで一杯になりました。

 

拙ブログで伊勢のこと、お祭りのこと、神社のことなどを紹介していましたので神社のお話になりました。「神社をパワースポットとして行かれる方が増えています!若い女性が多いですね」と。

 

同感でした。本当に若い方々が増えた事は良い傾向だと僕も感じていました。今年は出雲大社の60年ごと、伊勢神宮の20年ごとのご遷宮の御年ですので益々多くの方々がご参拝されたらいいと思っています。

 

日本人は皆等しく氏子ですから、これも自然な流れなのだろうなと感じています。今回のお話は若いママさんとの会話なのです。僕自身!どんどん子供たちや若いひとたちがパワースポットとしてでもいいですから神社へと足をお運びになるならば、これからの日本は明るい扉を開けることが出来る!と、強く感じています。


雨にも負けず。

宮沢賢治の『雨にも負けず』から、僕は行なっている事があります。それは後にお知らせする事にして!現代文で紹介致します。

 

■ 雨にも負けず

雨にも負けず 風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫なからだをもち

慾はなく 決して怒らず いつも静かに笑っている

一日に玄米四合と 味噌と少しの野菜を食べ

あらゆることを 自分を勘定に入れずに

よく見聞きし分かり そして忘れず

野原の松の林の陰の 小さな萱ぶきの小屋にいて

東に病気の子供あれば 行って看病してやり

西に疲れた母あれば 行ってその稲の束を負い

南に死にそうな人あれば 行ってこわがらなくてもいいといい

北に喧嘩や訴訟があれば つまらないからやめろといい

日照りの時は涙を流し 寒さの夏はおろおろ歩き

みんなにでくのぼーと呼ばれ

誉められもせず 苦にもされず

そういうものに わたしはなりたい

 

そのままだと漢字と片仮名なので現代文で紹介しましたが、実に良い言葉が連なり、こころがホッ!とするので大好きなんです。(笑)

 

僕が行なっている事は、8月8日から歩くのが日課なのですが、同時に一日四合の玄米に近い五分づきのごはんと友人の手造り味噌と少しの野菜を食べているのです。  (宮沢賢治流の食事)

 

素直な妻が「ねえ!最近さあ!以前よりましてお腹出てきてない?あれだけ歩いてるのに何で?」と、素朴な疑問を投げかけてきた。

うっ!う~ん・・・そっそれは・・・・。(苦)&(泣)

 

TPPにも負けず 消費増税にも負けず

みんなに布袋さまのお腹と呼ばれ

誉められもせず 苦にもされず

そういうものに わたしはなりたい

 

と、現代文で紹介しておきました。(笑)

 

 

 

 

 

 


什の掟。

       什の掟

㈠ 年長者の言うことに背いてはなりませぬ。

㈡ 年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ。

㈢ 嘘を言うてはなりませぬ。

㈣ 卑怯な振舞いをしてはなりませぬ。

㈤ 弱い者をいじめてはなりませぬ。

㈥ 戸外でものを食べてはなりませぬ。

㈦ 戸外で婦人と言葉を交わしてはなりませぬ。

  ならぬことはならぬものです。

 

以上に掲げた什の掟は、会津藩上士の子息が六歳になると居住する地域によって『什』という子供達の組織に振り分けられ「什の掟」(什の誓い)を教えられ会津武士の基礎を身に付けたのです。

 

 古き尊い教えですが、㈠から㈥までの掟は現代においても相当通用するものであると思います。㈦においては武士としての規律とりりしさを保ちお家を守る為に当時としては必要であったと思います。

 

最後の言葉に、七つの掟をもう一度強調してあるところに会津魂が込められています。僕は今の平成の御代に、もう一度古き尊い教えを取り戻して伝えていくならば、必ずや良き時代が訪れると信じています。

 

ならぬことはならぬものです。(込)